FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




更年期の訪れは、卵巣機能低下によって女性ホルモンの代謝が大きく変化することです。

また、家庭や職場など周囲の環境要因やストレス、本人の気質によっても影響しますので
いつから更年期に突入したのかわかりづらいことも特徴です。

また、職種や血液型によってなりやすい人となりにくい人があるようですので一概に年齢だけでは決まっていませんが、身体の変化は自分で感じ取れるものです。


【女性のホルモンサイクルから予測すると】


女性ホルモンは、早い子では7歳から分泌が始まります。

10歳を超えるころから、早春期初潮が始まり性成熟期と成長していきます。
その後、閉経を迎えるわけですが 現在の日本人の平均閉経期は約50歳。

ホルモン分泌サイクルから更年期を判断すると 42歳~58歳くらいまでが更年期だと考えても良いと思います。

但し、前にもお話したように職種や血液型、ストレス、栄養状態などで更年期の症状が若年化していています。
年齢だけで判断するのではなく 身体状態でも参考までに判断する方法もあります。


≪ご注意:下記の内容はあくまでも事例です。
以下の症状が強い場合、継続する場合は 専門医療機関で診察をお勧めします。≫


【女性の更年期の症状とは】


[皮膚]
乾燥・カサカサ・かゆみ・湿疹・しみ・くま・毛穴の目立ち・輝きの低下。

[髪の毛]
艶の低下・抜け毛・白髪

[睡眠]
不眠・寝付きが悪い・睡眠が浅い・覚めやすい・慢性睡眠不足

[身体面]
コレステロール値の上昇・肥満化・便秘・下痢・ほてり・発汗・肩こり・腰の痛み・膝痛・疲れ目・老眼・
耳鳴り・難聴・めまい・いびき・歯周病・口臭・月経不順・血圧低下・冷え症・ドライ症候群

[精神面]
不安感・孤独感・気分の落ち込みなど

20代では感じなかった症状が、不定期に感じるようになれば更年期に突入したと考えても良いのかもしれません。



【男性の更年期にも注意が必要】




近年の研究で 男性にも女性と同様「更年期」があることがわかってきました。

男性の更年期とは、年齢では40才~60才で疲労感や集中力の低下、不眠、性機能の減退などの不調が原因で日常生活に支障が出る場合の事を言います。


但し、女性のように体内ホルモンの変動(閉経)によるものではなく、体力の低下・ストレス等の生活環境や職場環境・性格によって自律神経がアンバランスになったり男性ホルモンが減少したりします。


中高年の男性も 身体や気持ちの不調を感じたら「更年期突入」と、自覚して付き合うとその対処の方法も見えてくると思います。


【男性更年期の症状とは】


[精神的症状]
不眠・ 不安・ イライラ・ 頭痛・ 抑鬱・ 焦燥感等

[血管神経的症状]
動悸・ のぼせ・ 顔のほてり・ 冷え等
 
[性機能的症状]
性欲低下・ 勃起不全等
 
[泌尿器症状]
頻尿・殘尿感等
 
[運動機能症状]
手足の痺れ感・肩こり・ 関節痛・ 筋肉痛等

[消化器症状]
食欲不振・下痢・便秘・ 腹痛等

[皮膚・分泌系症状]
発汗亢進・ 口腔内乾燥等
 
[全身症状]
全身倦怠感等
 
[その他]
筋力低下・ 体脂肪率の上昇・ 基礎代謝の低下等



【加齢による摂理。更年期の訪れ】


誰でも、老いることは嫌いです。


しかし、私たちの身体は誕生して以来 成長し日々老化が始まります。
更年期は、人間である以上誰もが通る人生の曲がり角なのですから 上手に向き合っていきましょう。


更年期の訪れは、女性は卵巣機能の低下、男性の場合は社会的責任や男性ホルモンの低下に始まります。


もし、男女ともホルモン分泌の低下が起こらないとすると 生殖活動は衰えず、この地球は既に人口爆発を起こしていたでしょう。


人間の摂理として 生~死へ段階の一つが、この更年期なのです。
スポンサーサイト
テーマ:更年期障害
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。