FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女性の身体は、次世代に命をつなぐ役割があるので 男性と違い複雑なしくみになっています。

女性の更年期は、30代半ば頃から卵巣機能低下が始まり 卵巣の委縮が起こり、女性ホルモン分泌が低下しやがて、卵巣がその働きをやめると「閉経」を迎え、体内のエストロゲン量は限りなく0ゼロに近づいていくにつれ全身のホルモンバランスもくずれていきます。


【女性ホルモンの種類】

女性ホルモント言うと エストロゲンとプロゲステロンが有名ですが、その他さまざまなホルモンが複雑に絡みながら女性の身体を支えています。

その分泌場所も 卵巣だけでなく脳で分泌されているものもあるのです。

○エストロゲン・プロゲステロン[卵巣]

○性腺刺激ホルモン放出ホルモン[脳・視床下部]

○卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモン・オキシトシン・プロラクチン[脳・下垂体]



【月経と女性ホルモン】
月経は、卵巣から分泌される女性ホルモンによってコントロールされています。

女性ホルモンには、
エストロゲン(卵胞ホルモン)

*排卵を促す・乳房や子宮を発達させる・自律神経のバランスを整える・骨の密度を維持する・血液中のコレステロールを減らす・脳細胞を活性化する・他のホルモンの分泌を促すなどの働き


プロゲステロン(黄体ホルモン)

*子宮内膜の厚さを維持して着床しやすい状態にする・妊娠後の胎盤の状態を安定させる・基礎体温を上げるなどの働き

の2つがあります。

これらは、脳の視床下部にある性刺激ホルモン放出ホルモンのコントロールを受けて分泌しています。
ですから、女性ホルモンは脳からのホルモンで分泌されているのです。
その伝達をしているのが血液なのです。

また、女性ホルモンは 脳からの刺激だけでなく 副腎系ホルモンや甲状腺系ホルモンとも影響し合っていますのでその内どれか一つに異常があっても月経は乱れてくるのです。


【閉経と女性ホルモン】


更年期になり卵巣の機能が低下すると卵胞ホルモンエストロゲンは、どんどん減少し、60才代になると卵巣からはほとんど分泌されなくなります。

そうなると、黄体ホルモンプロゲステロンは、エストロゲンよりも急激に減少していくのです。

プロゲステロンは、元々基礎体温を上げる働きがあるホルモンですので分泌低下は 冷え症を加速させてしまい代謝が乱れることにつながっていきます。

結果、2つの分泌バランスがくずれるだけでなく、卵巣での女性ホルモンの総量が減ります。

女性ホルモンが 減少しだすと、脳の下垂体は卵巣からのホルモン分泌を促すために どんどん性腺刺激ホルモンを分泌し始めます。

しかし、いくら性腺刺激ホルモンを分泌しても卵巣の働きが弱まってしまっている時に、いくら刺激されても女性ホルモンは増えません。

血液中のホルモンセンサーは、血中ホルモン濃度が減ったという情報を視床下部に報告するので、視床下部は 下垂体に、下垂体は更に卵巣を刺激し続けます。

それでも、働かない卵巣に 脳の中枢部はパニックになってしまうのです。


【視床下部の働きとは】


視床下部の主な働きは、自律機能の調節を行う総合中枢です。

特に、視床下部は交感神経・副交感神経機能及び内分泌機能を全体として総合的に調節しているところです。
視床下部には、体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢、浸透圧受容器などがあります。

また、視床下部は摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠などの本能行動の中枢、及び怒りや不安などの情動行動の中枢でもあることを考えると、更年期に起こるそれぞれの症状と一致していることがわかります。

【世界の閉経年齢】
閉経年齢は、日本人では45歳から52、3歳ぐらいまでが多く、平均は約50歳となっています。
この閉経年齢は文献上6世紀頃から変化が無く、また世界の地域別にみても差はみられないといわれています
スポンサーサイト
テーマ:更年期障害
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。