上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





皆さんよくご存じの 発達心理学者エリク・ホーンブルガー・エリクソンは、人間の成長サイクルを乳児期・幼児期・児童期・学童期・(思春期・青年期)・成人期・壮年期・老年期の8段階に分けて考えていました。


発達心理学上は8段階ですが、女性のホルモンを考えると、幼年期・少女期・思春期・性成熟期・更年期・老年期と大きく6段階に分かれます。


女性ホルモンの働きは、7歳位から分泌を始め 平均して12.5歳で初潮がはじまると言われ、その後平均閉経年齢50.5歳までの38年間は卵胞~排卵まで28日周期で繰り替えされるだけではなく皮膚の水分量を増やして弾力性のある美しい肌に保つなど、様々な効果をもたらしています。


現代女性の平均寿命86才ですから人生の約半分は、体内での女性ホルモンの働きと共に生きていることになります。


少女期から始まった女性ホルモン分泌低下が起こりはじめると個人差はありますが体調に変化が訪れるのは当然です。
今までなんともなかった身体が急に、ほてったり、発汗したり、肩こり、めまいが激しくなったり 不安ですよね。

何も知らずに、急に普段と違う症状が出るんですから誰でもが不安になるのは当たり前です。


そうならないためにも30代になる頃には 近い将来体験する更年期の事を知っておいた方が心の準備と様々な対策が可能になります。


出来ることであれば、日ごろから更年期特有の辛い症状が出ないように生活を工夫しておくと安心です。




【女性のライフスタイルの変化】


女性が自分の身体の変化にいち早く気づき対処することは時代の流れからしても大変重要です。
その理由は、女性の社会進出が必要な今 女性の体調管理の重要性は社会からの要望だからです。

1985年男女労働人口

2005年男女労働人口

                                 (厚生労働省調べ)

上記、グラフは、厚生労働省調べ 労働力状態(2区分)、年齢(各歳)、男女別15歳以上人口(1985年、2005年)統計調査です。

更年期世代46才~66才を見てみると、2005年は1985年の就業人数の約倍の女性が社会で活躍されています。


今後、日本少子化における女性の社会での活躍が期待される中 女性特有の体調変化と上手に賢く付き合えるか否か?は日本社会にとって大きなポイントとなると思います。


日本社会を支える世代の 女性特有の「更年期」と上手に付き合ってほしいものです。
テーマ:更年期障害
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。